脱臭装置・臭気対策のプロ集団【デオ・プラス】

脱臭方式

薬液洗浄スクラバー方式

大幅な臭気濃度の変動にも対応可能
ミール・レンダリング工場等の高濃度臭気ラインにも対応

排ガスを薬液の循環液と気液接触させ、臭気成分を循環液内に吸収して中和や酸化により脱臭する方法です。燃焼法などで対応していた高濃度の排ガスに対しても技術の向上により対応が可能です。臭気変動に強いので時間帯により臭気濃度にムラがある施設などに最適です。
また、装置内を通過するガス速度(空塔速度)を他の方式の装置より比較的大きく出来る為、装置がコンパクトとなり、結果的に大容量臭気ガスの処理に適した脱臭法と言えます。
イニシャルコスト・ランニングコストとも比較的低廉ですので、総合的に「時代にマッチした合理的な脱臭法」と言えます。

2col-1a.jpg左:2号機・右:1号機
2col-1b.jpg3号機
2col-1c.jpg4号機
2col-1d.jpg5号機

薬液洗浄法/脱臭装置は縦型と横型が選択可能です。特に、横型多段式薬液洗浄法は、弊社技術顧問 小松 繁氏が米国研修で習得した技術であり、横型独自の複雑(緻密)な設計を附したメカニズムです。
技術の向上により、高濃度の臭気に対しても対応が可能となりました。
脱臭効果が非常に高く、コストパフォーマンスに優れた完成度の高いシステムです。

群馬県/ミール工場 横型2段式薬液洗浄/脱臭装置導入事例

2基の大型脱臭装置を既に導入されていましたが、新たに国内初の生産ラインを稼働する事で新たな臭気が発生。新興住宅地と隣接することから本格的な臭気対策を講じることとなりました。臭気に対して完璧主義である工場長及び管理職の方々に横型2段式薬液洗浄塔/脱臭装置を採用して頂きました。"社員やその家族が誇りを持てる工場へ"が目標となりました。
国内初の生産ライン、なおかつ臭気濃度のバラツキのあるラインでしたので"燃焼法が確実では?"との選択肢の中で検討して頂きましたが、特に、燃焼法と薬液洗浄法のランニングコストの比較の際、薬液洗浄法のランニングコストが格段に低額で済むうえ、周辺が新興住宅地であり"周辺環境最優先の対策"を取るべく薬液洗浄法を選定し採用して頂きました。
(数回に及ぶ薬液洗浄法による脱臭デモ試験の結果もご確認頂けました)。
現在までに合計5基の大型脱臭装置を採用して頂き、全て確実な脱臭効果を維持し続けています。1級国道沿いに面する工場ですが、道路側への臭気は全く感じられない状態まで改善されました。
大規模工場の臭気対策モデルケースとして、高濃度で複雑な臭気対策が必須のレンダリング工場やミール工場などのご担当者の視察も度々行われています。

2016年12月、当該市役所環境部より環境対策の成功事例発表の依頼を承りました。
● 環境対策の成功事例発表 [PDF]

横型多段式充填塔の特長

特に、横型多段式の場合は、性能は縦型多段式と同等ですが、縦型に無い多くのメリットを持つメカニズムです。(横型独自の緻密な設計が必須)

  • 2液、3液でも1塔で可能
    縦型の場合は、2塔又は3塔となるが、横型の場合は1塔で製作可能。
    設置スペースも高さも小さくて済む為、屋内&屋上設置に最適。
  • 塔内圧損が小さいのでファンのモーターも小さい(電力消費低減化)
  • ミストやダスト除去に適している(充填層が、閉塞しにくいメリット)
  • フラッディングを起こさない(ガス速度や液速度を大きくとってもOK)

5.jpg 6.jpg 3.jpg
半導体工場 横型2段式洗浄塔

脱臭メカニズム・特長

吸収・脱臭

排ガスを薬液(酸化剤・中和剤)と接触させ、臭気成分を循環液内に吸収して、化学的中和や酸化反応により無臭化する方法です。

薬液洗浄法が効果的な業態

畜産施設、飼料・肥料工場、食料品製造工場、下水処理場、し尿処理場、化製場、堆肥化設備、食肉市場

対象物質に合わせた薬液を使用し、効率的に脱臭できます。

中和剤と酸化剤があり臭気に合わせて使い分けます。

  • 中和剤による脱臭
    薬液を使って中和反応によって脱臭します。
    臭気成分がアルカリ性の場合、硫酸や塩酸で中和し、臭気成分が酸性の場合、アルカリ水溶液で中和し、いずれも塩類として洗浄液中に分離する方法です。
    酸+アルカリ→塩+水
  • 酸化剤による脱臭
    主に次亜塩素酸ソーダ(NaClO)を使用します。次亜塩素酸ソーダの強い酸化作用を利用して酸化反応により無臭化します。
    硫化水素、メチルメルカプタン、硫化メチル、二硫化メチルなど幅広い臭気に有効です。中和剤では除去しにくい臭気物質でも、酸化剤で除去できるケースが多いが中和剤より高価な為、横型多段式スクラバー方式の脱臭装置を利用し、1段目は中和剤でアンモニアやアミン類の高濃度臭気を除去し、1段目で除去しきれない臭気成分を2段目に酸化剤を使い除去する方法が望ましいと言われています。
薬液 適応する特定悪臭物質
酸性溶液硫酸等 アンモニア、トリメチルアミン
アルカリ性溶液・苛性ソーダ等 硫化水素、メチルメルカプタン
酸化剤溶液・次亜塩素酸ソーダ等 硫化水素、メチルメルカプタン、硫化メチル、ノルマル酪酸、プロピオン酸、アンモニア、トリメチルアミン、二硫化メチル、ノルマル吉草酸、イソ吉草酸

薬液別/適応する特定悪臭物質一覧

ランニングコストが比較的安価

直接燃焼法と比較し、桁違いのランニングコストで運転できます。
→ランニングコストについてはこちらもご覧ください。

安全対策・装置の腐食対策が必須

定期的に薬液濃度調整や計器点検等を行うため、弊社では年間スケジュール表を提示し、定期メンテナンスを実施しています。(塩素濃度測定&校正作業 pH測定&校正作業)

4.jpg
循環ポンプ・流量計洗浄作業

2016年12月、当該市役所環境部より環境対策の成功事例発表の依頼を承りました。
● 環境対策の成功事例発表 [PDF]

臭いに関する専門家へのご相談はこちら

デオ・プラス代表吉田正 Facebook デオ・プラス公式Twitter 臭気判定士がお勧めする、業務用消臭剤・脱臭剤の通販サイト
デオ・プラス フリーダイヤル:0120-201-404(携帯電話不可) TEL:027-365-2236 【全国対応】においの専門家集団へ相談 Copyright © Deo Plus .Inc. , All Rights Reserved.