脱臭装置・臭気対策のプロ集団【デオ・プラス】

経費節約に関するカスタマイズ1

においのプロが判定!各現場に最適な脱臭システムをカスタマイズ致します。

においに関する専門家チームが、1件1件最適な脱臭/排ガス処理システムをカスタマイズ致します。
貴社の施設の様々な課題解決に向け、現地調査を徹底的に行い、それぞれの現場に最適な脱臭/排ガス処理システムをご提案します。(前処理の不足=粉塵除去不足や無駄なランニングコストの削減等)
特に、ランニングコスト削減を意識したコスト比較表を作成し、実際の運用シミュレーションをご説明します。
既存の脱臭メーカーでは、解決できなかった課題を“においに関する専門家チーム”が全て解決します。

経費削減に関するカスタマイズ1

粉塵除去装置を再利用することで、約3,000万円の経費節約をおこなった事例

導入先
元の設置場所 水産飼料工場/第1脱臭装置 粉塵除去装置:ウェットスクラバー、ファン、インバータ
移設設置場所 家畜飼料工場/3号機 粉塵対策(サイクロン処理の為、微細な粉塵が多量に含有)
カスタマイズによって得られた成果
今まで水産飼料工場で使用していたウェットスクラバー、脱臭ファン、インバータを、粉塵除去が課題であった家畜飼料工場へ移設して再利用。トータル約3,000万円の経費節約を行うことができました。
カスタマイズ詳細
水産飼料工場/第1脱臭装置の更新工事に伴い、今まで使用していたウェットスクラバー&脱臭ファン&インバータが不要になった為、家畜飼料工場/3号機の粉塵対策として移設し再利用する事にしました。
3号機のラインは、サイクロンにて粉塵除去を行っていましたが、微細な粉塵が除去しきれず様々な不具合が生じていました。粉塵の流入→泡の発生→脱臭装置自体への負荷=毎月ダクト内に入り高圧洗浄作業を実施。
移設前に、ウェットスクラバー内部を解放し、高圧洗浄作業を行い魚臭を極力除去しました。
集塵効果は高いが水を大量に消費する欠点を、循環槽を追加設置することで水使用量を1/5まで削減。
脱臭ファンは水産飼料工場の排ガスに腐食成分が含まれていた為、全て分解しメンテナンスを実施したうえで再利用。(地元メンテナンス企業に依頼をし、メーカーによるメンテナンスの60%の経費で済ませられました)3号機の脱臭ファンとバランスをとる為、インバーターにて周波数を調整してウェットスクラバーを稼働させました。(ウェットスクラバーの圧損を考慮し、移設したファンの負荷を極力抑える措置を講じました)

粉塵除去装置カスタマイズ設置

1. ダクトの縁切り作業をおこない、ウェットスクラバーを移設開始

SS ダクト縁切り作業
重量台車に乗せて西側へ移動
重量台車に乗せフォークリフトにて牽引
2台のラフターで一旦地上へ移動
2. 再利用先/家畜飼料工場へ移動開始(フォークリフトにて牽引)
3. ラフターによる吊り上げ作業/家畜飼料工場内へ移動
4. インバータ吊上げ作業/脱臭ファン設置部の酸素切断作業
5. 脱臭ファンの分解/搬入口への移動作業
6. 2階脱臭ファン架台準備作業/家畜飼料工場への搬入作業
7. 家畜飼料工場2階への搬入作業/ホイスト吊上げ作業(東西は余裕が有る為斜めに吊上げる作業)
8. 2階への搬入作業/ホイスト吊上げ作業(特に南北の幅が少ない為、難しい作業となる)
9. 2階への搬入作業/ホイスト吊上げ作業/専用架台への設置作業
10. 脱臭ファン/プーリー芯出し・回転確認作業/Vベルトテンションメーター測定
11 .ウェットスクラバーダクト開口作業/ダクト接続工事
12 .ダクト接続工事(チェーンブロックを駆使し角ダクトを次々に接続させる工事)

脱臭ファンは約3tの重量があったため、極力分解して2階へ搬入後、再度組上げ作業をおこないました。
2階への搬入の際マシンハッチ(2階への搬入口/空間)のスペースに限りがある為、抵触する部分に付いては酸素で切断し、2階へ搬入後に再度溶接しました。

ウェットスクラバー・脱臭ファン・インバータの家畜飼料工場2階への搬入・移設作業は、それぞれが大型装置の為、かなり大変な工事でしたが、この工事により積年の課題「3号脱臭装置の粉塵除去対策」がようやく解決し
”一石三鳥の効果”が表れました。
経費節約:約3,000万円 水の節約:約1/5 3号機の粉塵対策が遂に完結しました。

デオ・プラス代表吉田正 Facebook デオ・プラス公式Twitter 臭気判定士がお勧めする、業務用消臭剤・脱臭剤の通販サイト
デオ・プラス フリーダイヤル:0120-201-404(携帯電話不可) TEL:027-365-2236 【全国対応】においの専門家集団へ相談 Copyright © Deo Plus .Inc. , All Rights Reserved.